毎年6月はマフラー取り締まり強化月間

不正改造と違法マフラーの取り締まり

毎年6月になると「不正改造車を排除する運動」が開始されます。

昨年は、“特に違法マフラーの排除に向けた取組みを強化”というサブタイトルがついていました。

平成30年は、全国で集中的に177回の街頭検査を実施すると発表していたのですが、令和1年の今年は163件を計画しているみたいです。

国土交通省のホームページ内に、“平穏な生活環境を破壊する原因となっている違法マフラー”という記載があります。

たしかに、あまりに大きな音のマフラーは騒音公害ですよね。

ハーレー乗りにとってマフラー交換は大事で楽しみなカスタムですが、ご近所さんや周りの人に迷惑をかけるのは良くないので、排気音量や排出ガス規制にはきちんと対応しないといけないなっと思いました。

2019年の取り締まりポスター

動画で見る!不正改造車や違法マフラーの取り締まりの様子

バイクの不正改造の具体例

  • 基準不適合マフラーの装着や消音器の取り外し禁止
  • 触媒装置の取り外し禁止
  • ウィンカーなどの灯火器は灯光色の変更禁止
  • タイヤ・ホイールの車体外へのはみ出し禁止

消音器と触媒装置を取り外していると、不正改造車としての違法以外に騒音公害と大気汚染になるので、ご注意ください。

違法している場合の罰則

  • 不正改造車の使用者は、整備命令の発令。命令に従わないと50万円以下の罰金
  • 不正改造を実施した者は、6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金

マフラー取り締まりへの対策

関連記事

実はマフラーの騒音測定って簡単に自分でできるってご存知ですか?車やバイクに詳しい方や、ユーザー車検の経験がある方なら「知っているよ!あたりまえじゃん!」っという情報ですが、これからハーレーをユーザー車検してみたい方は、知っておくと役に立つ[…]

>ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーの買取なら複数のショップから見積もりをとるのがおすすめ!

CTR IMG