Harley-Davidson® - Dr. Jekill & Mr. Hyde - The Exhaust

ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde)マフラーの豆知識

ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde)マフラーとは

Harley-Davidson® - Dr. Jekill & Mr. Hyde - The Exhaust

ジキル&ハイドの特徴は、電子制御音量可変式のスリップオンマフラーでハーレーに装着させることが可能です。

音量を変える事が出来る仕組みは、モーターでワイヤーを引いてマフラー内のバルブを開閉しており操作は手元のスイッチで行えます。

ハーレーのマフラー音は重低音で、住宅が密集している場所だと騒音が気になりますが、このジキル&ハイドなら場所によってマフラー音を変えられるので画期的なアイテムといえます。

ジキル&ハイドのマフラーは、マフラー音がボタン一つで変えることができて、 100%開放で迫力満点のハーレーサウンドを楽しめます。

ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde)の特徴とマフラー音

ジキル&ハイド は、時と場所によってマフラー音の調節ができることから、近年とても人気がでてきているメーカーです。

究極のサウンド体験を生み出すために20年かけて作られたみたいです。
最先端のエンジニアリングとオランダの職人によって作り出されたマフラーで、 マフラー音もデザインも細部までこだわっています。

欧州の法律および法律に準拠していて、ソフテイル、ツーリングファミリー、スポーツスター、トライク、ダイナ、 VRSC、CVOに対応しています。

ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde)のマフラー音

動画で見る!ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde)

ジキル&ハイドのマフラーが音量調整可能であることが分かる動画です。
サイレントモード・サウンドモードのマフラー音が交互に紹介されています。

人が多い場所や街中や夜道ではサイレントモードで静かに走行し、郊外や高速道路などではサウンドモードにして爆力のあるマフラー音を楽しんでいます。

ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde) for Harley-Davidson 2019

2019年ハーレーのジキル&ハイド マフラーの紹介動画になります。
なぜかマフラー音は出てこないのですが、マフラーの外観やスタイルを見ることができます。

ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde) Fat Bob 2018

2018年ファットボブにジキルアンドハイドのShortyマフラーです。
エンドキャップは3,5インチの Streetfighter Blackです。

ジキル&ハイド(Dr.Jekill&Mr.Hyde) Low Rider S

ローライダーSのジキルアンドハイドのマフラーです。
3つのパフォーマンスモード搭載で、欧州の法律および法律に準拠しているモデルです。

>ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーの買取なら複数のショップから見積もりをとるのがおすすめ!

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

HarleySoundサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)