ハーレーのグリップ交換!2013年ソフテイルスリム

ソフテイルスリムのグリップ交換動画と手順をご紹介します。

英語の動画になりますが、日本語訳と日本語での手順を用意しましたので、ご自分でグリップ交換にチャレンジしたい方は、是非参考にしてみてください。

動画で使用されている車体は、2013年式のソフテイルスリムです。

動画で見る!ソフテイルのグリップ交換

グリップ交換の手順

動画の流れで、グリップ交換の手順を説明しています。

動画ではアクセル側からはじめていますが、アクセス側はアクセルワイヤーの調整が必要のため少し難しくて時間がかかります。
クラッチ側の方が簡単に交換できます。

また、スロットル制御モデルの説明は後半にあります。
スロットル制御モデルの場合は、スロットル制御モデル用のグリップを購入する必要があります。

アクセル側の交換(クラッチ側より難しい)

  1. スロットルとアイドルケーブルを緩める 。アジャスターについたゴム製プロテクターを後ろ方向に引っ張て、 ロックナットを緩めて一番後ろまで持ってくる 。
  2. スロットルとアイドルケーブルが緩まったら、スイッチハウシングを外す。
  3. 金属製のコマを無くさないように気をつけながら、スロットルとアイドルケーブルをスライドさせて外す。
  4. 新しいグリップを、下側からアイドルケーブルのスロットルに装着する。
  5. スイッチハウシングを元の位置に戻す。
  6. コマを自分の方に向けてスロットにはめ込んで装着する。
  7. 全ケーブルが無理なくはめ込まれているかを確認したら、 スイッチハウシングの上部を装着する。
  8. スロットルケーブルを再度調整する。
  9. スロットルケーブルクラウドに入っているスラックを全て取り外す。
  10. グリップを回してコンビネーションを外し、スロットルボディーの感触を確かめる。
  11. 調整できたら、アイドルケーブルを動かして、グリップを開けて外す。
  12. グリップの遊びを確認する。

クラッチ側の交換(アクセル側より簡単)

  1. スイッチハウシングを取り外す。
  2. グリップを取り外す。( カッターを使ってグリップを切って 取り外してもOK)
  3. 接着剤の塊があれば、きれいに取り除く
  4. ハンドルに接着剤グリップロックを垂らして、指で塗り広げる。 新しいグリップ内部にも塗る。
  5. 新しいグリップをスライドしながら装着する。( ゴム製のグリップにはサイズがきついものもあるけど、完全にはめこむ)
  6. スイッチハウシングの上部を、元の場所に戻す。
  7. いい感じになるよう、再度各パーツを調整する。
  8. 接着剤が乾くまで、6〜8時間は乗らずに放置する。

スロットル制御モデルの場合の注意点

スロットル制御モデルの場合には、ハンドルバーの端にスロットルをコントロールするギアがあるため、 新しいグリップを選ぶ時には、必ずスロットル制御モデル用のグリップを選んでください。

グリップを装着するときには、 グリップの端にロゴなどがある場合、 ギアが正しい位置に来るかどうか、先に試してみる。

ロゴなどが、自分の好きな向きになるように調整してから、 スイッチハウシングをはめる。

おすすめのハーレー純正グリップ

ハーレー純正グリップ ディファイアンス

ハーレー純正グリップ ウィリーG.スカル・コレクション

ハーレー純正グリップ クローム&ラバー・コレクションホリゾンタル

ハーレー純正グリップ エッジカット・コレクション

ハーレー純正グリップ ドミニオン

関連記事

愛車ハーレーをカスタムしてカッコよくしたい方必見のカスタム本です。初心者に役立つカスタムの本から、見た目と性能の両方を進化させる現代流ハーレーのカスタム術の本などを紹介しています。ハーレーダビッドソンカスタムブック [it[…]

>ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーの買取なら複数のショップから見積もりをとるのがおすすめ!

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

HarleySoundサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)