グリップ交換!2018年ロードキング編

動画で見る!グリップ交換の仕方

英語ですが約2分30秒の動画です。

動画下部に日本語のグリップ交換の流れがありますので、動画と一緒にご覧いただくと分かりやすいかと思います。

車体は、2018年Kuryakynのミルウォーキー8 ロードキングで、取り付けているのはクリアキンのThresherグリップになります。

グリップ交換の流れ

  1. T25を使ってハウジングを少し緩めて、グリップにアクセスできるようにします。
  2. ハウジングの中に見える縁を外します。
  3. グリップを引き抜きます。(動画では2つの方法を紹介しています。1つ目は空気入れをもっている場合は内側に空気をいれてスライドまたはカットして外す方法。2つ目は、長めの平らなスクリュードライバーでテコを利用してゆっくり下まで移動すたら)
  4. 新しいグリップをクラッチ側にスライドしたり回転させながらハウジングの中へ取り付けます(グリップは似ていますが左右があります。グリップの内側を見て歯車がある方がスロット側です。クラッチを動かくために)
  5. 反対のスロット側にも同じことをします。歯車のついているグリップはスムーズ―に入るので、エッジ部分をハウジングに合わせて取り付けます。
  6. 最後にグリップの取り付け具合とスロットルが戻るかの確認をします。

グリップ交換に使用した工具

Kuryakyn(クリアキン) のグリップ

>ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーの買取なら複数のショップから見積もりをとるのがおすすめ!

CTR IMG