Vance&Hinesのバッフル交換 ビッグラディウス編!マフラー音を抑えたい方におすすめ

ここでは、Vance&Hines(バンス&ハインズ)マフラービッグラディウスのバッフル交換動画をご紹介したいと思います。

ただ、海外動画なので音声がすべて英語になっています。

そこで、簡単な日本語訳を用意しましたので、動画内の映像と日本語説明を見ていただければ、比較的簡単に自分でバッフル交換できるのではないかと思います。

留学経験ありの知人が翻訳してくれているので、間違っている部分がありましたらすみません!

Vance&Hinesビッグラディウスのバッフル交換動画

バンス&ハインズのスタンダードバッフルからクワイエットバッフルに交換する1分30秒のとても見やすい動画になっています。

3秒からバッフル交換前のスタンダードバッフルのマフラー音。
11秒からバッフル交換後クワイエットバッフルのマフラー音を聞くことができます。

20秒からバッフル交換が始まります。
まずはじめに、スタンダードバッフルの取り外しです。

次に、51秒からクワイエットバッフルの取り付けになります。

Vance&Hinesビッグラディウスのバッフル交換の流れ

動画内のVance&Hines(バンス&ハインズ)のビッグラディウスのバッフル交換の流れになります。

車体やマフラーの種類が分かると多少手順が異なると思いますが、基本の流れは似たような感じになると思いますので参考にしてみてください。

バッフルの取り外し手順

  1. ヒートシールドを固定しているネジを緩めてヒートシールドをとる
  2. マフラーとバッフルを固定しているネジをとる
  3. 浸透潤滑剤ラスぺネなどを塗布して滑りやすくする
  4. 既存のバッフルを引き抜く

バッフルの取り付け手順

  1. ヒートシールドを固定しているネジを緩めてヒートシールドをとる
  2. マフラーとバッフルを固定しているネジをとる
  3. 浸透潤滑剤ラスぺネなどを塗布して滑りやすくする
  4. 既存のバッフルを引き抜く
  5. 新しいバッフルを差し込みながら、ネジ穴を合わせる
  6. マフラーとバッフルをネジで固定する
  7. ヒートシールドを取り付ける
  8. エンジンをかける前にすべてのパーツがしっかり固定されているか確認する
  9. やわらかい布で指紋などをしっかりとふき取る

Vance&Hinesビッグラディウスのバッフル購入はこちら

クワイエットバッフル

動画の中でも使用されていた消音効果のあるVance&Hines(バンス&ハインズ)のバッフルです。
ビッグラディウスに使用できるタイプです。
ボルトで止めるだけなので、とても簡単に使えます。
1個売りの場合、マフラーが2本の方は2個購入する必要があります。

さいごに

Vance&Hines(バンス&ハインズ)のビッグラディウスマフラーは綺麗な曲線が特徴的です。

フルカバーヒートシールドなのでマフラー焼けがなくていつまでたっても綺麗なままなので、きれいな状態を保ちたい方にはとてもおすすめです。

見た目が華やかで優雅なデザインのわりには、マフラーの音量はかなり大きめで、はじめはそのギャップにびっくりしました。

マフラーの形は好きだけど音が爆音過ぎて困っている方以外と多いので、そんな時はバッフルを使えば、見た目は好きなデザインのままで、音量を控えめすることができます。

自分で取り付ける自信がない方はカスタムショップで対応してもらえるので、音量で困っている方は消音効果のあるクワイエットバッフルを試してみてください。

クワイエットバッフル取付け方法はパインバレーさんのHPでも紹介されています。

関連記事

ここでは、Vance&Hines(バンス&ハインズ)マフラーショートショットスタッガードのバッフル交換動画をご紹介します。ただ、海外のVance&Hinesが作成している動画なので音声がすべて英語です。そこで、簡単な日本語[…]

>ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーの買取なら複数のショップから見積もりをとるのがおすすめ!

CTR IMG
メールで更新情報を受け取る

HarleySoundサイトの更新情報をメールで受け取ることができます。
(配信頻度:月に1回程度)