車検対応のハーレーマフラーツーリングファミリー編

ハーレーダビッドソンのツーリングモデル用車検対応マフラー音を集めました!
マフラー音を視聴できる機会はなかなかないので、自分好みのマフラーが見つかるかも!
車検対応マフラーなら車検も安心です。
今装着しているマフラーの騒音レベルや音量を自分で確認したい方のために、マフラー騒音の測定方法はこちらで紹介しています。

Bells Performance マフラー

ベルズパフォーマンスマフラーは、全国二輪車用品連合会の騒音テストをクリアしたマフラーです。
FLHTCUエレクトラグライドウルトラクラシックにJMCA認定ベルズマフラースラッシュカットを装着したマフラー音を聞くことができます。
車検対応マフラーとは思えないほど、低音がきいていて、音量も大きめです。
純正のマフラーステーを利用できて、純正エキゾーストパイプにスリップオンで簡単に取り付けができるみたいです。

スクリーミンイーグル車検対応マフラー音

下記の動画はソフテイルのヘリテイジクラシックにスクリーミンイーグルのパフォーマンス車検対応マフラーを装着した動画になりますが、ツーリングファミリー用も販売されています。

スクリーミンイーグルの車検対応マフラーは、ハーレーの正規ディーラーハーレーパーツ専門店のハーレーパインバレーさんで取り扱いがあります。

ロードキング 音量可変・車検対応ケステックマフラー

16秒からマフラー音スタートです。
車検対応ケステック(Kesstech)のマフラーは音量可変なのですが、動画内でフラップの開閉部分を見ることができるので、仕組みがとても分かりやすいです。

2013FLHRロードキング ケステックスリップオンマフラー

5秒からエンジンスタートで、クローズドモードおマフラー音です。
24秒からオープンモードのマフラー音がはじまります。
1分50秒からはカスタムの詳細説明になります。

Kesstechマフラーの走行マフラー音

19秒からユーロモードオープン(オート)の音で、1分3秒からユーロモードクローズ(オート)の音です。
ユーロモードクローズ(オート)の時は、3速で時速は約50~60kmです。
1分16秒からは、ユーロモードオープン(オート)とユーロモードクローズ(オート)の繰り返しになっています。

>ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーダビッドソンを高く売るコツ

ハーレーの買取なら複数のショップから見積もりをとるのがおすすめ!

CTR IMG